カラオケ上達法 音痴は生まれついてのもの?

音痴は生まれついてのもの?

前にも書いた通り、生まれもっての音痴などは、まず存在しません。
それでいながら、音程が取れない、音痴といわれる原因の多くは、日頃から歌う機会に恵まれていない為に、自分の出す音と原曲の音との違いを覚え切れていない為となり、練習次第で誰でも音痴を解消する事が出来るんですね。

 

では、音痴を克服する為にはどんな練習をするのか、解説していきましょう。

 

カラオケの経験が少ない方に多いのが、声のボリュームです。
特に初心者の方は、自分が思っているよりも大きな声で歌うように意識する事をお勧めします。

 

歌を上達させるにあたってまずは、喉を鍛える事が大切なのですが、小さい声で歌ってしまうと喉に負荷が掛かってこない為、喉を鍛える事が出来ません。
マイクが音を拾いすぎてしまう為、大きな声で歌う事に抵抗ある方も多いでしょうが、その際はマイクのボリュームを下げるなどして、地声を大きく出す練習から始めて見ましょう。

 

次に、エコーの使い方です。
初心者のウチは、エコーを利用しない事がお勧めなのです。
エコーは必要以上に音を響かせる為、どうしても歌が上手に聞こえてしまいがちです。
ですが、上手に聞こえているだけであり、実際の歌が上達していないのでは、練習になりませんよね。
この様な理由から、練習の際には出来るだけエコーに頼らない事をお勧めします。

 

最後に、これは人前だと難しいので、1人で練習する際にお勧めの方法です。
歌う際には出来る限り、立って歌う事をお勧めします。
理由については先でもお話ししますが、歌が上手にならない方の多くは、呼吸法にあります。
これを矯正する上でも、立った状態で歌った方が、座った状態よりも腹筋を上手く使える事に繋がり、結果として歌の上達にも影響してくるのです。

カラオケ音痴を矯正する方法

前にも書きましたが、音痴を治す事は難しい事じゃありません。
むしろ、一言でまとめられるのですから、誰にだって出来るようになる簡単な方法です。

 

では、、音痴を治す最良の方法とは・・・、

 

それは『音程を合わせること』です。

 

 

と、そんなことくらい、誰にだって分かっていますよね(笑
自分は音痴だから音程が取れない、と悩んでいるのでしょうから。

 

ところが、前にも言った通りそこまで酷い音痴は希なんです。
例えば、蛙の歌ってありますよね。
ちょっと歌ってみて下さい。

 

蛙の歌を歌った際に、音程がバラバラで無茶苦茶、なんて方は殆どいませんよね?
つまり、どんなに音痴で悩んでいる方でも、聞き慣れた歌であれば音程が外れる事はまずありません。

 

 

では、音痴で悩んでいる人の多くは、何故知っている歌なのに音程が外れるのでしょうか。
それは、自分にとって最良のキーで歌えていないからなのです。

 

もっと簡単な言葉に言い換えましょう。
自分にとって歌いやすい範囲の、高いキーで歌うようにしてみましょう。

 

多くの人は、低いキーと高いキーを聞き比べた際、高いキーの方が音の違いを判断しやすいのです。
結果、低いキーの曲に比べて、高いキーの曲の方が音程のズレも少なくなります。

 

その上で、自分がマスターしたい歌の原曲を何度も聞き、ご本人の歌い方やキーの上がり下がりを覚える。
これだけで音痴の70%が改善できてしまうのです!!