カラオケ上達法 上手に歌う為の呼吸法とは

上手に歌う為の呼吸法とは

腹式呼吸について解説する書籍、参考書は多くありますが、素人視点では分かりづらい(ニュアンスが伝わらない)説明が殆ど。

 

結局、腹式呼吸についてマスターするのであれば、専門家の声よりも、より初心者に近いトレーナーさんの指導を聞いた方が確実なんです。

 

まず呼吸法には胸式呼吸と腹式呼吸の二種類があります。
普段の生活や会話で使っている呼吸法が胸式呼吸法、歌が上手な方が大きな発声を得る為に使う呼吸法が腹式呼吸法となります。

 

この違いは、名前の通りで、

  • 胸式呼吸… 肺(胸)から息を吐き出す呼吸法
  • 腹式呼吸… お腹(下腹部)から息を吐き出す呼吸法

となります。

 

この違いを体で感じるには、息を吸って吐く際に、どこが動いているのかを意識する事が重要です。
例えば、今大きく息を吸って、吐いてみましょう。
すると、息を吸った際には肩が大きく上がり、息を吐くと肩が下がりますよね。
これが、胸式の呼吸法です。

 

次は、息を吸う際にお腹に手を当てながら、お腹を脹らませるようにして息を吸い、吐いてみましょう。
この方法だと、肩が上下せずに、お腹が膨らみ〜縮む形で呼吸が出来たかと思います。
はい、これが腹式呼吸の基本となるんですね。

 

腹式呼吸を難しく考えている方が多くいますが、前述した通り腹式呼吸自体は誰にでも、すぐに出来るようになる簡単な方法なんです。

正しい呼吸法と腹式呼吸の効果と仕方

普段息を吸う時って、大体の方が、
鼻から吸う → 口から吐く
って呼吸をしますよね?

 

 

ところが、歌を歌っている際はどうでしょうか?
大きな声を出す為には、より多くの息が必要となる為、口から吸って口から吐いていませんか?
実はこれこそ、上手な呼吸法が身に付いてない原因の1つになるんです。

 

本来人は、鼻から息を吸う様に作られています。
その証拠に、鼻には鼻毛が生えていますよね。
これって、息を吸う際に不純物を取り込まない為の、フィルターとしての役割を果たしているんです。
つまり、人の体は鼻から息を吸うメカニズムで出来ているんです。

 

ところが、普段は鼻で息を吸っているのに、歌の時だけ口から吸ってしまっていますよね。
より大きく息を吸い込もうと力み、口からグッと息を吸ってしまう事こそが、腹式呼吸を妨げている原因なのです。

 

確かに、大きな声を出す上で多くの息を吸う事は大切です。
ですが、吸った息をお腹から吐き出す事が出来れば、吸い込む息の量が少量であっても、大きな声を出す事ができるのです。

 

まずは、息の吸い方を意識して、鼻から吸い込む事を心がけてみましょう。